2016.12.03
銀杏並木を通るときは、宮沢賢治を思い出すんだ俺は 「俺はパリッとした銀杏並木を歩いていく」「何べん寂しくないと言ったところでまた寂しくなるに決まっている、けれどもここはこれでいいのだ、わたしはカッキリ道をまがる」