fc2ブログ
2037.12.31
ササキショーイチ ブログ

ライブスケジュール

Facebook

SoundCloud
2035.11.04
DAYS

2020年11月4日(水) 全国発売

ササキショーイチ
1st ALBUM
『DAYS』


全10曲
¥1,650(税込)
PELMAGE RECORDS
PMF-182

仙台が生んだワーキング・ロックンローラー、ササキショーイチが横浜から放つファーストアルバム。近年の活動の軸である弾き語りを基調としつつバンドメンバーを交えて録音。そして30年来の友人であり仙台が誇るエンジニア、佐藤ヒロユキ(GROOVE COUNCIL)がミックスを担当。肉体労働に打ちのめされながら葛藤し、煩悶し続ける“日々”は、やがてロックンロールへと形を変えここに結実した。それはササキショーイチ自身がそうであったように、一縷の光となり聴く者たちの“日々”を照射する。悩んだまま踊り続けろ!



【ササキショーイチ プロフィール】
1966年、宮城県生まれ。高校在学中に仲井戸麗市とキース・リチャーズを目指しギターを始める。大学進学のため仙台に移りバンドを結成。NINGEN、スーパーマッドマン、風ズで活動。その後、三宅伸治やAZUMIのステージに触発され弾き語りでの活動を開始。大学卒業後より全国各地の現場労働を転々とし、2009年に横浜に流れ着く。現在は横浜と仙台を行き来しながら活動を続け、各地で歌い続けている。

【収録曲】
1. Oh Yeah, Alright
2. バシッと!
3. It's my hard days & nights
4. つまらない人
5. バカ
6. ロックンロールでできている
7. Bright Lights, Big City
8. DAYS
9. ジャブジャブゴーゴー
10. OUR SONG

【参加ミュージシャン】
ササキショーイチ (vocal, guitars)
ごとうはるか (percussion, bass)
阿部昌彦 (drums)
まじ (steel guitar)
山本慎太郎 (harmonica)

【取り扱い】
あんぐら市場
diskunion
Amazon
TOWER RECORDS
HMV
TSUTAYA
ほか全国のCDショップ、WEBストアにてご注文いただけます。
2024.02.26
20240226121121c27.jpeg
年に一度の停電作業も今回で16回目だった〜 
2024.02.24
スティーブンソンの「一夜の宿」はフランソワヴィヨンの話 寒いパリの夜の裏通りを泥棒に入れそうな家を物色して歩く 「ちくしょうめ、まだ誰か起きていやがる!くそっくらえだ 酔っ払って寝床で鼾をかいていられねーのか、人が夜通し起きているなら昼間は何のためにあるんだ!」そのあとニヤリと笑い「誰か起きてるんなら、まっとうな夜食にありついて悪魔を出し抜いてやれるかもしれねえ」「詩人はボロ切れのような男で、狼と豚が顔の中で相闘っていた」
ヴィヨンって年代的には、応仁の乱の頃の人なんだなぁ…

体調は徐々に回復、ライブは全力で演ってますよー 是非!
写真は昨日のライブの帰り道、真夜中の裏通り
202402242017439f3.jpeg
2024.02.10
202402101856126a8.jpeg
朝、仕事に出かけたんだけど、痛くてリタイアして部屋に戻って寝てた〜 ちょっと無理だった…
このレコードのウェインパーキンスのギターはサイコーだ!
2024.02.09
20240209184037a22.jpeg
背中は筋肉痛じゃなくて、ぎっくり背中ってやつらしい💦
その間にライブを2回全力で演って、今日はついに新しいレコードプレーヤーが来た!いいこともあれば悪いこともある 悪いこともそのうちにいいことになったりするぜ! 背中痛い…
2024.02.08
2024020812300949e.jpeg
この時期は何故か毎年、心身共に不調になるんだけど、今年はそれにプラスしてレコードプレーヤーが壊れて、数日後にCDプレーヤーも動かなくなってしまって、全くどうしようもない こないだは大雪の中渋滞の車の中に9時間運転してて、体がバリバリでそこからの筋肉痛、おとといはライブ後に酔っ払って帰って来て、部屋の中でツンのめって腰骨強打! ボロボロだ…
でも案外みんなもそんなもんだろ
俺は今日もライブだ、悪いけどただシャウトして、力いっぱいやるだけで〜す
愛と希望を忘れずロックしてロールする
今は春が来るのを待とう
2024.01.14
202401141027166a6.jpeg
病院の診察を待ってる間に(4時間!) 田舎教師を再読、余韻の中にいる 読むといつも あの四里の道を歩いてみたいと思う、利根川沿いの茶店でラムネと梨を食う 一緒に歩いてくれる井川遥みたいな人いないかなあ…
パーフェクトデイズは結局4回目観に行った もう一回行ってもいいくらいだ

アパートの窓からの燃えるような夕焼け
202401141027295ea.jpeg
2024.01.09
年末年始に「パーフェクトデイズ」って映画を3回観た、もう一回行ってもいいくらいだ、ハマったんだな…
2024.01.06
20240106072530d43.jpeg
今年もよろしく〜 LOVE&PEACE!
2023.12.16
202312161227173f0.jpeg
昼は現場駐車場でペヤング食った〜 暖かくてまるで10月初めみたいだなぁ
2023.12.13
20231213023544c97.jpeg

今帰って来たぜ、出かけるまであと4時間ある👷‍♂️
シスターロゼッタサーブ観るのもチェーホフ読むのもやめて笑 早く寝るこった✌️
2023.12.02
この世で一番難解な読み物は電子機器のマニュアルだ、どれだけ熟読してもそこには愛が無い 手を差し伸べる感じは全く無い 限りなく退屈で、まるで読んでる自分が「おまえは孤独な世捨人だ」って言われてる感じさえある 仕事で読まなきゃならない場面がしょっちゅうあるけどその度に思う 町田康ならわかりやすく面白く口語訳してくれるかも知れない 2時間で作業終わらせなきゃいけないのに…
もっと最悪なのは、わからないから電話で聞くと「マニュアルに書いてあります」って言われることだ😭
2023.11.23
20231123092036904.jpeg
こないだ食ったあんバタートースト、現時点でナンバーワン👌
2023.11.20
20231120205831607.jpeg
何年かごとに読み返す みんなの心の中にいる 初めて読んだときは「トニオクレエゲル」最近のは「トーニオクレーガー」
〜あなたはなんのことはない、迷子になった普通の人なのよ〜
トーニオはもしかしたら先週どこかですれ違ってたかも、ボーダーラインとか音小屋とかすずらんハウスで、今日の現場で歩いてたかも
2023.11.07
202311072229013ba.jpeg

ひっさしぶりに
焼酎をロックで飲んだらうまかった〜
2023.10.29
202310291242189dc.jpeg
朝早くに虹が出ていた
2023.10.28
いつものように、帰ってきて、ストーンズ聴いてちょっとだけ酒飲んで早く寝た でも夜中にバッチリ目が覚めてしまってしょうがないから、森鴎外(!)を読み始めたら面白くて朝方まで読み耽ってしまった
「山椒大夫」恥ずかしながら初めて読んだ、他にも「じいさんばあさん」「最後の一句」「魚玄機」「阿部一族」みんないい 今さら誰に何を言う笑
でも当時の人はこの辺の小説読んで、例えば最初に〜文化六年の春が〜とか、「高瀬舟」なら〜江戸で白河楽翁候が政柄をとっていた頃〜とか出てきてすんなり、あああの頃ねとかわかったんだろうか 「魚玄機」なんかは一行ごとに9個くらいわからない言葉が出てきて笑っちゃうくらいだ…

ずっとずっと昔、ちょっとだけ音楽の(R&Rの?)神様がこっちを向いてくれたことがあった でも俺がろくでもないことばっかりして、すぐにそっぽ向かれてしまった 浅川マキの有名な歌じゃないけど、もう一度こっちを向いてくれないかなぁと思って今もやってるのかも知れない、「ふん、まったくしょうがねえヤツだな」とか言って
でも全然そんなの関係なく好きでやってるだけです〜
ライブ頑張ろうっと!
20231028122627c58.jpeg
2023.10.22
202310221039033e0.jpeg毎日帰ってくるとA面B面ひっくり返して聴いている キースがギターで引っ張っていくような曲はもう無いけど、今回は疲れないし、いつもながら歌詞がいいし、何より明るい気持ちになる 大事なことだ
俺くらいストーンズ好きなヤツと一緒に聴いてみたいなあと思って電話帳捲ってみたけど、やっぱり一人で聴いていようっと 

でも これ聴かないであっちへいってしまった何人かの友達とかに聴かせたくなる
2023.10.17
2023101712073025c.jpeg
陽射しはまだキツいが、秋の空
20231017120744b08.jpeg
三角チョコパイにハマったり、
202310171207564fa.jpeg
カレーうどんを食ったりしている